揚げナスの梅ダレ添え

梅ペーストはあえるだけではなく、料理に添えるという活用法もあります。


特に揚げものには、脂っこさを和らげてサッパリ感を出す効果があるためとてもよく合います。
この時期旬を迎えるナスの素揚げ、これなら初心者でも比較的失敗なく揚げることができますのでぜ添えてみて下さい。あれこれ難しい手間をかければ良いというのは誤りだということがわかると思います。短時間でおいしい精進料理を楽しむことができるでしょう。

1 ナス200gのヘタを取り除き、縦半分に切る。
斜めに深さ5ミリほどの切り込みを入れる。
2 ゴボウ50gを細切りにし、多めの水に5分ほど浸ける。
ザルにあげて水気を良く切る。
3 170℃の油で1と2を素揚げする。
ナスは箸でつまんで身が少しへこむくらいに柔らかくなれば引き上げ時。
ゴボウは油の表面に浮いて30秒くらいで。
4 うつわに良く洗った大葉を敷き、3を盛り付けて梅ペーストを添える。

お好みで、梅ペーストを水などで薄めてのばし、梅ソース状にしてかけても良いでしょう。

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です