スポンサーリンク
典座和尚のひとりごと

平成30年7月盆(東京盆)のお供え膳

さて、今年も暑い夏とともにお盆がやってきます。お盆には亡き方々の魂が現世と懐かしいわが家に戻ってきます。今年もまごころをこめたおもてなしでお迎えしたいものです。 ○今年の七月盆の期間はいつ? 一般的にお盆の行事は八月中旬に行われますが、東京など一部の地域では新暦の七月にお盆を行います。東京では地方から上京した方も多く、多くの方が八月には帰省するため七月の方が何かと都合が良い場合があるようです。中には、七月にお盆の行事を行い、八月には田舎の実家や親族の家に帰省して二度目のお盆を行う方も多いことでしょう。いずれにせよ今年の日程を確認し、怠りなく準備をなさって下さい。
季節の精進料理

お供え膳のご飯の盛り方

さて、美味しく炊いたご飯をどう盛り付けるか解説します。 昔は白いお米はたいへんなごちそうでした。ふだんは雑穀や、混合米などしか口にできなかったご先祖様方の時代には、冠婚葬祭などの特別な日だけ口にできるのが白米で、特にお葬式では、この世...
典座への道(精進料理基礎指南)

お供え膳の基本知識_配置図

七月盆を迎えるにあたり、お盆棚にお供えするお膳の基本知識を学びましょう。 何よりも大事なのは、亡き人に対する供養の気持ちです。その心さえあれば、難しい作法は不要で、たとえばふだん使っている陶器のうつわをお盆に載せてお供えしても良いので...
お知らせ

『禅文化』誌精進料理連載 第9回刊行

連載第9回、掲載誌刊行されました。 いよいよ残り後1回、すでに最終回の原稿も納品が済み、現在校正段階です。数年にわたりお世話になってきた連載、いよいよ内容も核心的部分に入っております。 今回は欧州に広まる禅の教えと、パス...
お知らせ

令和2年7月盆のお供え膳記事について

例年、7月と8月それぞれの月に、お盆のお供え膳参考例の記事を掲載しておりますが、本年は諸事情により7月の記事掲載を中止致します。楽しみになさって下さっている閲覧者様には大変残念に思いますが、過去記事をご参照下さいますようお願い致します。 ...
典座和尚のひとりごと

『禅文化』誌 精進料理連載8回目掲載

年に4回刊行される『禅文化』誌 第256号に拙稿「精進料理の魅力」が掲載されております。連載第8回目は「お供え膳の実践作法」について触れました。 曹洞宗の寺院で実際に行じられている主な作法を詳述しましたが、曹洞宗内でも寺によっ...
典座和尚のひとりごと

お世話になった仏教誌『大法輪』が休刊

仏教月刊誌『大法輪』が6月発売の号を最後に休刊となります。 大法輪閣HP 休刊の理由や事情等はこのお知らせには書かれていません。推測ですが、やはりネットの普及による実書籍販売の減少もおそらく大きな理由の一つなのではないでしょう...
お知らせ

新型感染症拡大に伴う料理教室・講演等休止のお知らせ

《お知らせ》 新型コロナウイルスの拡大をうけまして、群馬県から緊急事態措置が実施され、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項の規定に基づき、施設の使用停止(休業)の協力要請が出されました。 多数の人が集まる各種実技教室...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました