講演・法話・精進料理教室

スポンサーリンク
講演・法話・精進料理教室

大般若法要前の法話で予期せぬトラブル?!

3月上旬、県内某曹洞宗寺院にて法話をつとめました。このお寺では、一年に一度大勢のお檀家さんが集まって、諸願成就を祈願する大般若法要が行われます。せっかく多くのお檀家さんが集まる機会なので、曹洞宗の教えをより深く理解してもらうため、そして明日からまたがんばろうという気力が湧いてくるような法話を聞いてもらうのです。その寺の住職自身は、受付やら法要の導師の準備やらお弁当が届いたり急な欠席の電話がきたりと、てんやわんやの忙しさなので、こうした大きな法要の際は自分では法話をせず、別の寺の和尚に法話を依頼する場合がほとんどです。今回依頼されたお寺は、永平寺で役寮(修行僧の指導役)を務めておられる高僧です。本堂や庫裡もまだ十年ほどまえに新築されたばかりの素晴らしい伽藍でした。いつも通り少し早めに到着して控室で待っていると、あらら停電!建物の電気が全て消えてしまいました。まあでも通常ならばすぐに復旧するはずが、まったく回復の見込みはありません。ブレーカーも落ちていないし、いろいろチェックしてもダメ。しかし近隣の住宅は通電しているようなので地域停電ではなさそう。業者さんに連絡し、来てもらうことになりましたがもう説法が始まる時間になってしまいました。まあでもこういうトラブルに慌てているようでは禅僧の名折れです。雨が降り、真っ暗な本堂で、マイクもなくろうそくの明かりだけで法話を始めました。たまにはこういう真っ暗な中での法話もいいものですね。今回、配布したプリントの資料を見てもらいながらお話しを進める予定でしたが、雨で停電、この暗さでは高齢のお檀家さんにはプリントの文字が読めないだろうと思い、急遽お話しの内容をまるっきり変更し、別のお話をすることにしました。ですからこの写真をみてわかるように、本当に真っ暗です。カメラのストロボをつけてもこの暗さの中でした。お袈裟は茶色なのですが黒にしか見えませんね。私は声はでかいですからマイクはなくてもなんとかなりますが、やはりある程度の明るさは大事だということがよくわかりました。
講演・法話・精進料理教室

上州良寛会・講演講師をつとめました

新潟の名僧、有名な「良寛さん」を多くの方がご存じでしょう。泥棒が夜忍び込んだことに気付いていながらわざと布団を盗ませてあげたこと、タケノコが生えてきたので床板をはがして伸ばしてあげたこと、子供と仲良く鞠で遊んだり、かくれんぼに熱中して子供たちがとっくに家に帰った後もそれに気付かずずっと隠れていたことなど・・多くの逸話を残しています。そんな多くの人に愛されている良寛さんは曹洞宗の僧侶です。そうした逸話や、残された多くの明言を深く理解するには、曹洞宗の教えをきちんと理解する必要があります。曹洞宗の教え、しくみ、修行のようすなど・・・良寛さんを慕う会から依頼され、「峻厳なる禅風が醸した良寛師の慈愛」と題しまして良寛さんの言行と曹洞宗の教えを照らし合わせながら解説いたしました。良寛さんは新潟の僧ですが、晩年に随行された尼僧さんは群馬に縁があります。そんな地元群馬の熱心な方が集まった「上州良寛会」での講演、大変ありがたいご縁を結ぶことができました。各位に深く感謝申し上げます。
典座和尚のひとりごと

出張精進料理、坐禅と食体験講話とのコラボ

出張精進料理を行いました。 人数は約70名分、一汁三菜、六品の本格精進料理です。会場となるお寺はうちから車で二時間ほどかかるため、早朝4時の薄暗いうちに出発しました。お椀、鍋、食材などなど、会場のお寺にあるものもお借りしますが、なるべく迷惑がかからないようにこちらで準備していきます。そのため車の荷台は満載。運転もいつも以上に気を使って安全運転で移動します。御興味がある方は、お寺からの依頼であれば出張精進料理を常時受け付けておりますので、お世話になっているお寺の住職や、総代さんなどに相談してみて下さい。
典座和尚のひとりごと

寺族さん向けの精進料理研修を行いました

千葉県の曹洞宗寺院から依頼を受け、精進料理研修の講師をつとめました。 依頼主は千葉県の教区長老師です。主に教区内寺院の寺族さんや役員さん、若手僧侶を対象として、馴染み深い精進料理と供養の心について学ぶ場を設けたいとの主旨でした。 ふだんお寺では寺族さんが精進料理を担当することが多いと思いますが、寺族さん自身が永平寺や總持寺など本場の精進料理がどう作られているかを知る機会というのはあまりない思います。自己流の精進料理と、ご本山などの修行道場での精進料理とではどう調理法が違うのだろう、という御興味をもっておられる方も多いことでしょう。
典座和尚のひとりごと

典座和尚の出張法話

県内某寺院から依頼を受け、説法を行いました。 ほとんどのお寺で、毎年日を決め、恒例法要が行われています。たとえばそのお寺を開いた御開山さまを追悼する法要であったり、お檀家さんのご先祖様を供養する合同供養祭だったり、願いごとを祈願する大般若祈祷会だったりと、その内容はさまざまですが、せっかくお檀家さんがお寺に集まるからということで、仏法に親しんだり、教義を理解したり、より良く生きるための力にして欲しいという主旨で法要の前や後に法話を聞いて頂くお寺がたくさんあります。 そういった大行事の際には、その寺の住職が自分で法話をすることはまず不可能です。なぜならば大勢のお檀家さんや、法要を手伝ってくれる和尚さん方が大勢くるため、その応対やら、お檀家さんの挨拶や相談、当日急に依頼される卒塔婆やお札の用意等々。ですから法話は他の寺の和尚さんに依頼する場合がほとんどです。 私も曹洞宗の布教師として、よく依頼を受けますが、近年、食に関するお檀家さんの意識も非常に高くなってきているためか、ありがたいことに出番が増えております。もちろん食に関する法話だけでなく、事前の調整により依頼主の要望により幅広いテーマでの法話を行います。 今回の法要は「施食会」亡き人々を幅広く供養する法要です。なぜ食を布施することが亡き人の供養になるのか、法要の主旨と、どんな心で参列し、焼香すべきか、また家庭ではその心をどう実践すれば良いかについてお話しさせていただきました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました