講演・法話・精進料理教室

スポンサーリンク
典座和尚のひとりごと

三菱食品MSスクエアにて精進料理特集掲載

三菱食品様の業界広報誌、『MSスクエア』にて精進料理特集が掲載されました。『MSスクエア』には2017年にもインタビュー記事が掲載されたことがあり、そのご縁が広がって今回の掲載となりました。(前回の掲載はこちら) イン...
典座和尚のひとりごと

新潟県某青年会にて寺族様精進料理研修会の講師を拝命

令和2年2月、新潟県某市の地域青年会にて、曹洞宗の寺族様を対象とした精進料理研修会が行われ、講師を務めてまいりました。 前日から現地入りするか迷っていましたが、今冬はずっと雪が降らず、おそらくこのまま雪なしだろうという楽観的観測により...
典座和尚のひとりごと

ビーガン認証のお酒と地元群馬の野菜で海外来賓をおもてなし

地元川場村の酒蔵様から依頼を受け、海外からのお客様をおもてなしするお手伝いをさせて頂きました。 まるでシャンパンのような、シュワッとした発泡性をもち、お米から醸られたなんて信じられないほどフルーティな香りが広がるスパークリング...
講演・法話・精進料理教室

禅と精進料理の饗応 講演の講師をつとめました

公益財団法人 国際茶道文化協会 様から依頼を受け、講座の講師をつとめて参りました。 青山グリーンアカデミー第74期 茶の湯文化学 饗応の文化 全5回のうちの第2講が私の担当でした。 他にも 日本文化と食の源流、茶懐石、本...
講演・法話・精進料理教室

大般若法要前の法話で予期せぬトラブル?!

3月上旬、県内某曹洞宗寺院にて法話をつとめました。このお寺では、一年に一度大勢のお檀家さんが集まって、諸願成就を祈願する大般若法要が行われます。せっかく多くのお檀家さんが集まる機会なので、曹洞宗の教えをより深く理解してもらうため、そして明日からまたがんばろうという気力が湧いてくるような法話を聞いてもらうのです。その寺の住職自身は、受付やら法要の導師の準備やらお弁当が届いたり急な欠席の電話がきたりと、てんやわんやの忙しさなので、こうした大きな法要の際は自分では法話をせず、別の寺の和尚に法話を依頼する場合がほとんどです。今回依頼されたお寺は、永平寺で役寮(修行僧の指導役)を務めておられる高僧です。本堂や庫裡もまだ十年ほどまえに新築されたばかりの素晴らしい伽藍でした。いつも通り少し早めに到着して控室で待っていると、あらら停電!建物の電気が全て消えてしまいました。まあでも通常ならばすぐに復旧するはずが、まったく回復の見込みはありません。ブレーカーも落ちていないし、いろいろチェックしてもダメ。しかし近隣の住宅は通電しているようなので地域停電ではなさそう。業者さんに連絡し、来てもらうことになりましたがもう説法が始まる時間になってしまいました。まあでもこういうトラブルに慌てているようでは禅僧の名折れです。雨が降り、真っ暗な本堂で、マイクもなくろうそくの明かりだけで法話を始めました。たまにはこういう真っ暗な中での法話もいいものですね。今回、配布したプリントの資料を見てもらいながらお話しを進める予定でしたが、雨で停電、この暗さでは高齢のお檀家さんにはプリントの文字が読めないだろうと思い、急遽お話しの内容をまるっきり変更し、別のお話をすることにしました。ですからこの写真をみてわかるように、本当に真っ暗です。カメラのストロボをつけてもこの暗さの中でした。お袈裟は茶色なのですが黒にしか見えませんね。私は声はでかいですからマイクはなくてもなんとかなりますが、やはりある程度の明るさは大事だということがよくわかりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました