愛用しているお奨めキッチンハサミをご紹介します

「包丁の使い方、お上手ですね」とよく言われます。あのう、一応プロなんですけど・・・。何十年も毎日野菜を切っていればそりゃ上手になりますよ。しかし逆にいえば、あまり野菜を切る機会がなければ上達しにくいのも事実です。最近の都市部のキッチンは本当に調理スペースが狭く、まな板をどっしり置いて包丁でトントンと野菜を切るという昔だったら当たり前の調理作業が難しくなっているのも現実です。先日、テレビを見ていたら、ほとんどまな板と包丁を使わないでキッチンハサミだけで調理をしている、という方をみかけましたが、確かに水菜やほうれん草などの葉もの野菜だけだったらキッチンハサミで済んでしまいますね・・・。もちろん私個人は包丁無しの台所は考えられませんが、独り暮らしの学生さんやほとんど自炊する時間がない方などはキッチンハサミだけというスタイルもアリだと思います。

実際、キッチンハサミはとっても便利な道具です。包丁を重んじる私ですが、毎日の調理に欠かせない重要な道具としてキッチンハサミにもこだわりを持っています。

まず仕入れた野菜のビニールやパックを切る際には、包丁よりもハサミの方がはるかに便利ですし、野菜のカットや加工もモノによっては包丁よりもきれいに素早く済ませることができます。

ただキッチンハサミって意外と手に馴染む良い品が少ないことと、よく出回っている安価なものは形状や材質的に汚れがたまりやすく、衛生的に問題があるものが意外と多いのです。公民館などの調理場を借りて備え付けのキッチンハサミを見ると、握りの部分や刃の付け根部分に黒カビや調理カスの塊が付着したり、刃が錆びてほとんど切れなくなってしまったりしているものを多くみかけます。

私が以前から愛用している品は

鳥部製作所 キッチンスパッター KS-203です。

いろいろなキッチンハサミを試してみましたが、最終的にはこの品に落ち着きました。おそらく一生使い続けると思います。ハサミにしては少し高く感じる方もおられるかもしれませんが、ずっと使うと思えばコスパも悪くありません。お気に入りの良い品を長く使う方が気分よく料理できますし、何よりも料理の仕上がりや使い勝手向上による調理時間短縮にも関わってきますので。

こんな感じの箱に入っています。万能ネギを刻むイメージ写真が背景になっていますが個人的にはそんなチープなイメージはこの製品にはマッチしていないような気がします。そこらでみかける品とは一線を画す超高品質のハサミがこの箱に入っているのです。もっと木訥で無機質な、ザラッとした外箱にしたらいいのにな、と思いますがまあマーケティング的にはこの箱に意味があるのでしょう。

鳥部製作所 キッチンスパッター KS-203

外カバーを外すと内箱はうって変わってハイセンスな仕上がりで、マットブラックの枠に飾り気の無い金属の無骨な光が渋い光沢を放っています。

この内箱に準じた外箱デザインだったらもっと良いと思うのですが・・・。

鳥部製作所 キッチンスパッター KS-203

この先端部分を見て下さい。ここがハサミの命となる使いやすさや切れ味を決定する重要ポイントで、職人さんが最も気を使う部分です。安価なキッチンハサミとの違いを最も感じる部分です。包丁とは違い、刃先に手が触れてもすぐに切れてしまうような鋭さはありませんが、刃を挟んだことで気持ちよく切れるように調整がされています。また側面につけられた最適な角度とへこみによって、切った葉ものが刃に貼り付かないような工夫がなされています。また安物は刃先の合わさりが雑で、ハサミを動かす際に余計な力が必要になり持ち手が痛くなったり疲れたりする原因になりますが、このハサミの動きのなめらかさは異次元レベルで、長時間の使用でも指が疲れません。それだけ、合わせ部分が高精度の仕上がりなのです。

鳥部製作所 キッチンスパッター KS-203

またこの持ち手部分の美しいカーブ、工芸品としてだけでなく、私は美術的にも高い完成度だと感じます。安物のプラスチック製キッチンハサミとは質感や剛性の面でも一線を画しています。またハンドル部分もステンレス製のため、汚れがたまりにくく、また食洗機などでの高温消毒にも耐えるため衛生面でも非常に有効です。

プラスチック製のハンドルは、長く使っていると劣化して破損したり隅の方がかけたり割れたりすることがあります。かけらが食品に混ざったら重大な問題につながってしまいますので特に食のプロには欠かせない配慮です。

また精進料理では扱いませんが、たとえば鳥肉や魚などは包丁よりもキッチンハサミの方が滑らずにうまく切ったり皮を剥いだりできる場合がありますが、そうしたなまものを扱うならばなおのこと、野菜よりも消毒や衛生に配慮しなくてはいけません。そうした用途においては一層ハンドルの清掃しやすさは重要です。

鳥部製作所 キッチンスパッター KS-203

しかもハサミの結合部を簡単にはずすことができ、その裏側の合わさり部分をきれいに清掃することができ、衛生面で抜群の信頼性を誇ります。この合わさり部分に黒カビが貯まるのです。取り外せることで、ハサミを素人が研ぐことはお奨めしませんが、万一の場合には簡易的な調整も可能です。

鳥部製作所 キッチンスパッター KS-203

全長約20センチ、 約110g

ステンレス製 刃はハイカーボンステンレス、持ち手はステンレス303

日本製 刃物の町、新潟県三条市

鳥部製作所 キッチンスパッター KS-203

軽い力で疲れることなく長時間使用でき、切れ味も抜群。長年使って切れ味が落ちた場合は、送料等は自己負担となりますがメーカーで刃を調整してくれますのでいつまでも使えます。同じ品をずっと使うことで愛着も湧き、道具のクセもわかってくるのでますます料理が上手になります。私などは料理用とは別にもう1本用意し、日常のDIY用に幅広く使用しています。

何よりもこのシンプルな造形から醸し出される「用の美」が持ち主の料理心をくすぐり、気持ちよく料理を行うことができます。眺めていて飽きない、格調高く素晴らしいデザインだと思います。

料理好きな友人へのプレゼントや、奥様への感謝の印として、あるいはご自分へのご褒美に、是非一度お試し下さい。

 

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

Posted by 管理主宰者・典座和尚