県内寺院で法話を行いました

県内寺院で法話

群馬県内某寺院にて、定例法要前に法話を行いました。

昨年に引き続いての依頼となりました。いろいろなお寺からこうした法話依頼を受けますが、やはり続いて依頼されるということは前回の内容を評価してくださったと思いますので、受けるこちら側としてはありがたく、またホッとするものがあります。

しかし逆にこうしたことを想定し、昨年は何を話したかをきちんと記録しておき、内容がかぶらないように、また昨年の内容を有る程度踏まえてお話しするという意味では難しい部分もあります。
中には、何度も同じ話ばかりなさる御住職もおられます。まあそれはそれで良い部分もありますが、こうしたお寺の定例法要では、集まる方もある程度固定しているので、あまりにも同じ話をしたのでは飽きてしまってダメです(と私は思っています)
今回は精進料理とは話題を変えてお話ししましたが、皆さん反応もよく、熱心に聴いて下さりました。
こうして法話の場をいただけるご縁に感謝し、さらなる依頼に向けて精進を続けます。

県内寺院で法話

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です