典座和尚のたくあん漬け

沢庵漬作務

精進料理に欠かせない「たくあん」を今年も漬け込みました。

大根農家に特にお願いした大根を軽トラック一杯、畑から直接抜いて運び、泥を小川で綺麗にすすいで風通しと日当たりが良い場所に10日近く干します。この時期の水は手が冷たくて大変です。

寒くないとできない作業ですが、冷えすると凍って失敗してしまうため朝晩には布団をかけて保温します。自然の力を借りて美味しく仕上げる先人の智慧ですね。

沢庵漬作務

沢庵漬作務

沢庵漬作務

沢庵漬作務

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です