残り物利用・カボチャの千切サラダ

カボチャの千切りサラダ

カボチャ料理をするとどうしても半端が余りがちです。
煮物や天麩羅など、大きめの形に揃えようとするとどうしても切り損ねたり形が合わない端の部分が残ってしまうのです。それを捨ててしまうなどというのはとんでもありません。
半端な部分を細切りにしたサラダで使い切りましょう。

カボチャを細く千切りにしますが、残り物を利用する場合は包丁でがんばるしかありませんが、まだ大きな固まりから切り出す場合は、ピーラーで削ぐようにして薄くし、それを包丁で細切りにするとうまくいきます。

かなり細くするため、ゆですぎに要注意です。本当にサッとくぐらせる程度で良いのです。ゆでるというよりもお湯に通すという感じです。少しシャキシャキした食感が残るくらいにします。
加熱しすぎると、ドロドロになって失敗してしまいますからくれぐれもお気を付け下さい。

レシピでは洋風にしていますが、和風にするなら米酢に砂糖を加えた甘酢であえてもおいしく仕上がります。時間が無ければ市販のドレッシングやポン酢であえても良いでしょう。

1 カボチャ200gを細切りにする。
2 熱湯にサッとくぐらせ、ザルに広げて冷ます。
3 小鍋で白ワインビネガー大さじ3、バルサミコ酢小さじ1,砂糖小さじ1/2、
しょうゆ小さじ1/2を短めに加熱し、味を見ながら昆布だしまたは水大さじ1~2を
加えて好みの酸味になるまで薄める。
4 2を3であえて盛り付ける。

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

Posted by 管理主宰者・典座和尚