沼田市上州真田丸展への誘い

平成28年NHK大河ドラマ「真田丸」、好評の中最終回を迎えましたね。歴代の大河ドラマの中でもかなり見応えある内容だったと思いますがいかがでしたでしょうか。沼田が何度も登場し、地元では非常に盛り上がりました。実は私は録画した最終話をまだ見ていません。一年間思い入れをもって見続けたせいか、なんだかラストシーンを見てしまうのがもったいないというか寂しいというか。まあ年末忙しすぎて、あわただしい中で見たくなかったという気持ちもあります。そのうちゆっくり鑑賞し、じんわりと感動したいと思います。

 

大河ドラマは終わってしまいましたが、地元で開催されている「上州真田丸展」は3月末まで開催しています。一年間の総まとめとして、またあの名場面を懐かしく想い出して感傷にひたるためにも、ぜひ見学していただきたいと思います。

会場は沼田駅からバスで5分ほど、関越高速道路沼田ICから車で10分ほどのグリーンベル21の1階フロアーにあります。朝9時~午後4時半まで入場可能です。

上州沼田真田丸展

上州沼田真田丸展

玄関を入ると大河ドラマ真田丸のポスターが出迎えてくれます。

上州沼田真田丸展

通路には真田丸関連の資料がパネル展示されており、歴史好きにとってはこれを見るだけでも気分が盛り上がります。ちなみにこのパネル部分だけならなんと!無料です。

上州沼田真田丸展

通路の片隅には記念撮影コーナーが。時期によってアレンジが異なりますが鎧などを着てコスプレ記念撮影することができたりします。

上州沼田真田丸展

地元でも永く語り継がれている、小松姫が親父殿を城の入り口で追い返したあの名場面です。

上州沼田真田丸展

そしてあのオープニング画面の大看板から先は有料の真田丸展です。ここから先の内容は紹介できませんのでぜひご自身で足を運んで真田丸の世界を楽しんでください。

上州沼田真田丸展

上州沼田真田丸展

お帰りの際は会場脇の売店で真田丸関連のおみやげをどうぞ。真田丸グッズが一同に会し、また群馬や沼田にちなんだ品々もまとめて入手できる大変便利なお店です。

上州沼田真田丸展

上州沼田真田丸展

家族や職場へのお土産として最高です。これを食べながら、ドラマのシーンを語り合えばお茶の時間が盛り上がること間違いなしでしょう。

上州沼田真田丸展

なおこの売店には真田兵糧丸が全種類揃っています。全てのお店を回る必要がないため遠方からのビジターにとっては非常に便利です。しかもこの売店で真田兵糧丸を購入すると小松姫のバッグに入れてもらえるというファンにとって嬉しいサービスがあります。(売り切れご勘弁)

上州沼田真田丸展

そして真田丸展の会場から徒歩で5分ほどで、かつて沼田城が築かれた跡地に整備された沼田公園があります。お時間があればぜひこちらにも足を伸ばして下さい。お車の方は公園脇に広い無料駐車場も2箇所ございます。

奥の中央に見えるのが鐘楼堂です。夕方6時に鳴るこの鐘の響きを聞いていると、沼田城がそびえていた当時の沼田が眼前に浮かんでくるような気がします。

上州沼田真田丸展

公園には昨年新設された真田伸之公と小松姫の立派な石像が来訪者を出迎えてくれます。この像の前が記念写真に最適なポイントですよ!

上州沼田真田丸展

ちなみにこの石像、昨年の春先に設置されて間もなく、心ない悪者にいたずらをされてしまうという悲しい事件が起きてしまいました。まもなく修復されましたが、真田丸放映の盛り上がりに水を差すような残念なできごとでした。

真田信之・小松姫石像が被害に

上州沼田真田丸展

そしてこの沼田公園の駐車場脇にも、観光案内所に併設された売店がございます。真田丸展会場よりは小規模ですが、さまざまな品が揃っています。

上州沼田真田丸展

真田丸出演俳優によるサインも展示されています。沼田市に来ていただいた際のレア写真も見逃さぬよう。

上州沼田真田丸展

観光案内所前にある自動販売機は戦国無双真田家デザインです。なんとカッコイイキャラでしょうか、ゲーム好きにはたまらないでしょうね。

戦国無双真田家デザインの自動販売機 戦国無双真田家デザインの自動販売機

こちらが売店部分です。隅にはイスとテーブルもあり、休憩しながら店内を眺めることもできます。

上州沼田真田丸展

上州沼田真田丸展

上州沼田真田丸展

こうした売店がいつまで続くかは不明です。おそらく真田丸放映終了の余韻が消えた頃にはひっそりとフェードアウトしてしまうのだと思いますが、今のうちにぜひお越し頂きたいと思います。この時期、日によっては雪も少々振りますが、スキーやスノボなどのウインターレジャー、そして温泉で雪を眺めながら露天風呂に浸かるのも乙なものですよ。

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

Posted by 管理主宰者・典座和尚