東北地方太平洋沖地震 当方の状況について

東北地方太平洋沖地震で被害に遭われた方がたに心からお見舞申し上げます。
失われた多くの尊い命に対してただただ御冥福を祈るのみです。
また避難中の方々および安否不明の方々の御無事をお祈り申し上げます。

地震発生時、当寺ではちょうど本堂でお檀家さんの年回法要をはじめようとしていたところでした。お寺が古く耐震性能が低いためかなり大きく揺れ、立っていられないほどでしたが、お施主さんともどもなんとか境内に逃げ出すことができました。またその後発生した長野・新潟を震源とする地震は隣接地のため相当揺れ、一連の地震を通じて墓石や位牌、家具仏具等がだいぶ倒れましたが大規模な被害はなく、一同無事でした。

御心配下さりメール等いただいた皆様のお心遣いに深く感謝申し上げます。

まだ確認が取れていない東北地方在住の親族、友人等の安否が心配です。
避難所等で救助救援を待ちながら心細い時を過ごしている方々の不安なお気持ちを想うと心が痛みます。すぐにでもかけつけて励まして何か協力してあげたい気持ちでいっぱいです。
しかし残念ながら今すぐに私自身ができることはいつも以上に電力を節約し、ただただ御本尊さまに祈ることだけです。
一刻も早い幹線道路復旧・重機による倒壊家屋の捜索、物資の移送等を願っております。

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です