大法輪12月号 精進料理に親しむ10のコツ 執筆しました

精進料理に親しむ10のコツ

大法輪閣刊、『大法輪』誌12月号「仏教とつきあうのに必要なたった10のこと」特集にて、「精進料理に親しむコツ10」を執筆致しました。初心者が精進料理について学ぶための基本を10項目に分けて解説しています。

こうして10のポイントに切り口を分けるというのは読む側としてはとてもわかりやすいでしょうね。ただし書く側としてはなかなか厳しい文字制限の中での10項目で少々きつかったですが、自分としても良い勉強になりました。

精進料理以外にも、「人生が楽になる仏教の智慧10」「我が家の宗派を知るための10」「よい葬儀をするための10」などなど、興味深い項目がずらりと並ぶお買い得の号です、是非お手にとってご覧下さい。

精進料理に親しむ10のコツ

ちなみに今号で最終回となる大童法慧師の連載、「あなたのための『修証義』入門」第19回、彼は大学時代の同級生で、永平寺の修行も少しだけ重なっており、また布教師を養成する機関でも同期でした。修行仲間と同じ書籍で互いに切磋琢磨しながらご一緒できるというのもありがたいご縁です。大本山總持寺で布教師として活躍したのちに始まったこの連載、こちらもたいへんお薦めです。

あなたのための修証義入門

 

 

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です