anan(アンアン)今週号に登場

マガジンハウス社刊、アンアン9月4日発売の9/11号(1871号)に精進料理記事が掲載されました。

「もう女子は卒業です!大人の女性になるために、今すべきこと。」特集の中で、「オトナ」として身につけるべき、仕事や社会常識、マナーなどの必須スキルを紹介する中で、栄養バランスを考えた健康的でなおかつおいしい料理を自宅で作ると言う主旨で当方が登場し、「揚げ出し豆腐」をプロセスカット入りでレクチャーしました。

どうしてまたアンアンに精進料理が、と少々場違いに思うかも知れません。
料理好きな編集さんが新刊書『はじめての精進料理』を偶然手に取ってご覧くださったところ、料理をあまりしたことがない人にもわかりやすくプロセス写真付きで解説している点が気に入ってもらえたようで、その中の一品をピックアップして同様の体裁で記事化が実現しました。

篠原涼子さんが表紙のためになる一冊です。ぜひお手にとってご覧下さい。

追記 9月8日のヤフートップページのトピックスに「an・anの「女子卒業」に反響」という記事が紹介されていました。
リンク先はJcastニュースで、
「もう女子と呼ばないで!」 an・anの「女子」卒業宣言に拍手喝采
同誌では、もともとはポジティブな意味合いだったはずの「女子」が、
いつのまにか大人になりきれない、なりたくない人たちに都合よく使われていると分析。
「女子」を言い訳に、自分を甘やかす自己中な人たちを「コドモ女子」と名付け、
自分にも他人にも気を遣える大人の女性へのステップアップを促す。

とあり、今まで「女子」を率先して喧伝してきた女性誌「an・an」が、
ここにきて、「もう『女子』は卒業です!」と蔓延する「女子」に終止符を打ったのだとか。

雑誌の内容がヤフーのトップページに載るなんてあまり多くないと思いますが、そんな意義ある号に当方の精進料理が掲載していただけるご縁を得て光栄です。

実際の撮影はお盆前の7月後半、東京白金台のマガジンハウスさんの自社スタジオで行われました。
食材一式を車に積み込み、朝4時ごろ群馬を出発、余裕をもって7時には到着して始業時間を待ちます。

スタジオは予想以上にとても広くて使いやすく、トラブルもなくスムーズ快適に調理できました。
これだけ広ければなんでも調理できますね。

料理だけでなくふだんからモデル撮影などアンアンほかマガジンハウス社刊行の書籍にかかわる撮影が行われているそうです。機材倉庫にはプロ用の高級機材がたくさん置いてあり、一流プロの現場を経験させてもらえてとてもよい刺激を受けました。

女性誌ということで編集さん、カメラさん、アシさんとスタッフも全員おしゃれできれいな女性です。こういう撮影は嬉しいもので、早起きの疲れも感じずサクサク進みました。
皆さんありがとうございました。またご縁あればいつでもお声がけください!

 

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です