冬瓜のキノコあんかけ

とうがんにはあんかけがよく合います。


そのままでは地味があまりない冬瓜に、きのこの味のタレをかけてうまみを補うのです。
くず煮同様、葛粉でも良いのですが入手しやすい片栗粉であんにとろみをつけます。

1 冬瓜300gの皮をむき、乱切りにする。
2 米のとぎ汁3カップ(600ml)で冬瓜を下ゆでする。
3 しめじ100gをほぐす。
4 別の鍋に昆布だし1カップ(200ml)、酒大さじ2、みりん大さじ1、
しょうゆ大さじ2を入れ、3のしめじを煮る。
5 オクラ30gを輪切りにする。
6 2の冬瓜をザルにあげて水気を切り、お湯でさっと流してから
4の鍋に移して引き続き加熱する。
7 沸騰したら片栗粉小さじ2を水大さじ1で溶いて6の鍋に少しづつ
かき混ぜながら加え、1分ほど混ぜたら5のオクラを入れて火を止める。

2の下ゆで加減ですが、串でさしてスッと通るくらい柔らかければ大丈夫です。
あまりゆですぎると鍋に移す際に煮崩れてしまいます。
オクラ自体はあまり加熱せず、余熱で充分火が通ります。
しめじの代わりに舞茸やえのき、椎茸など、きのこ類ならなんでも大丈夫です。

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

Posted by 管理主宰者・典座和尚