ゴボウのからしあえ

ごぼうのからしあえ

先日の「ゴボウの青のりまぶし」で下煮したゴボウと、昨日の「だしガラ椎茸のからしあえ」のあえしろを組合わせた応用料理です。ちょっと多めに作っておけばこのようにバリエーションを楽しむことができ、飽きずに献立を組み立てることができます。

1 ゴボウ100gの皮をこすり、食べやすい長さ、太さに切ります。

2 1のゴボウを小鍋にいれ、昆布だしまたは椎茸だし200ml、酒大さじ2、みりん大さじ1、砂糖小さじ1、しょうゆ大さじ1でアクを取りながら10分以上煮て、火が通ったら自然に冷まして味をなじませます。

3 豆腐50g、2の煮汁大さじ3、和からし小さじ1~3をすり鉢またはミキサーでよく混ぜます。からしの量は好みによって変えて下さい。

4 2のゴボウの汁気をしっかり切り、3とあえます。

または先日のゴボウの青海苔まぶしでゴボウを下煮する手順と、だしガラ椎茸のからしあえのからしあえの手順の通りでもかまいません。

ごぼうのからしあえ

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です