七月盆の送り火の日_今からでも是非供養を

お盆お供え精進料理

お察しの通り、今回の七月盆お供え膳の献立は「中国風」をテーマにして、主にアジアンテイストの料理を揃えました。まあご先祖さまもたまには中国料理食べたいでしょう。特にこんな暑い日は、黄色くてシュワーッとした液体を添えてお供えしてみては・・・仏門の身としては大っぴらに勧めることはできませんが、懐かしいわが家に一年に一度だけ戻ってきた時くらい、お釈迦様も多めに見てくれることでしょう。冗談はさておき、大事なことは故人をもてなそうとする気持ちです。

本日は7月16日、今年の7月盆も送り火です。ただ、皆が土日祝日に休みというわけではありません。連休中が稼ぎ時の仕事の方もおられるでしょう。観光レジャー関係・飲食店・交通関係などなど、連休が終わってようやく一休みできるという方も必ずおられると思います。もうお盆期間が終わってしまったから何もしない、ではなく、多少期日がずれてでも、自分の仕事の都合に合わせて時間がとれる日にお盆の行事をつとめればそれで良いと私は思っています。

どうしても昔通りに、この日にしなくてはいけない!と説く住職もおられるでしょう。それまあ正論だと思いますが、世の中作法通りにいかない場合だってありますよ。一生懸命生きていれば、色々都合も事情もあるでしょう。手抜きでしないのではなく、仕事や都合ならどうしようもないでしょう。

決まり通りできないからやらないという、満点かゼロかではなく、できる範囲でやれることをやる姿勢で良いではないですか。供養というのは気持ちの問題が大きいものですが、遅れちゃったけどやろうとする気持ちがありがたいではないですか。ああ、今年も仕事の都合でできなかったなあと悔いを引きずるくらいなら、明日からなら休みが取れるのならば今から迎火を焚いてもご先祖さまは決して文句を言わないとおもいますよ。

例に挙げた精進料理は一汁三菜の六品ですが、この中の一品だけでも良いのです。気に入った品、美味しそうに思える品を一品作ってお供えしようというまごころこそが尊いのではないでしょうか。

是非、今からでも七月盆をおつとめください。

中華風精進料理

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

Posted by 管理主宰者・典座和尚