夏野菜の梅炒め

夏野菜梅炒め

0819-04

思うような仕上がりにならなかった失敗カリカリ梅、なんとか捨てずにうまく生かすレシピを考えました。

0819-01
冷蔵庫に残っていた夏野菜を適当な大きさに切り、鍋にサラダ油を敷いて加熱して炒めます。
カブやナスなど大きめで火が通りにくいものを先に炒めはじめ、小さいものは後から加えます。
油が行き渡ったら、例の梅を大きめにちぎって種を取り除いて加えます。

0819-02
酒を多めにふりかけ、中火に落としてアルミホイルで鍋にふたをし、蒸し煮状態にします。
これによって梅の味が酒に染み出て、さらに蒸し煮にすることで具材に染みこみ行き渡ります。
酒を使うことで、余分な水分が早めに蒸発し、またうまみが加わって仕上がりが濃厚になります。
水を使うと水っぽくなってしまうのでここはお酒が向いています。

酒がほとんど蒸発して無くなり、具に火が通ったら味を見て仕上げに塩かしょうゆを加えてよく混ぜれば完成です。お好みの酸っぱさに合わせて加える梅の量を増減させます。

梅の風味が酒を通して野菜全体に広がり、酸味の利いた野菜炒めになりました。
失敗カリカリ梅がかなり良い状態にリカバリーできたと思います。
もちろん、失敗カリカリ梅でなく普通の梅干しや市販のカリカリ梅しばを使ってもかまいません。

夏野菜の梅炒め

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です