夏野菜の冷やし鉢

夏野菜の冷やし鉢
今日のとうもろこし料理は暑い夏にぴったりの冷やし鉢です。

ここ1週間ほどは暑さが和らぎ、雨模様が続いていますが来週には再び厳しい暑さが戻ってくるとの予報です。
和食の古典に「揚げびたし」という料理があります。食材を油で素揚げし、別につくっておいた漬け汁にひたして味をつけるのです。
今回は目に鮮やかな夏野菜を揚げたり、煮たりして準備をし、ひたし汁とともに冷やして盛り付けた「冷やし鉢」です。
焼きとうもろこしの香ばしさと甘味がアクセントになって料理を引き立てます。
1 大根を一口大に切り、塩を少し加えて柔らかくなるまでゆでる。
2 トマトのへたをとって熱湯にいれ、10秒ほどで冷水にとって皮をむく。(湯むき)
3 オクラとみょうがをそれぞれ塩ゆでする。
4 とうもろこしを蒸して網焼きにする。(先日のブログ参照)
5 ナスを食べやすい大きさに切り、格子状の切り込みを入れる。
6 ピーマンのヘタと種をとり、縦半分に切る。
7 170度の油で5と6を素揚げし、熱湯をかけて油抜きする。
8 ポン酢を昆布だしで半々に割るか、うどんやそうめんのつゆ等を冷やしてひたし汁にし、
下処理した具材を漬ける。

0828-02

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です