節分

スポンサーリンク
典座和尚のひとりごと

節分豆を使った一汁三菜精進料理六品

これは完全な私論ですが。私は食べ物を投げてそのまま捨ててしまうという行為に、非常に抵抗を感じます。まあ節分の伝統行事として行われているわけで、厄払いや招福の意味であることは充分わかりますし、それをなさる方を強く批判するつもりはありません。しかしやはり、食べ物を投げてそのまま地面に放置し、後で掃除して捨てられてしまうことには違和感を覚えます。節分の豆まき自体は良い風習だと思いますが、その豆を集めてすすぎ、水で戻して料理に利用してはどうかと提案したいのです。 食材の命を無駄にせず、感謝して活かしきるのが精進料理の心です。放り投げられた豆を使うことは衛生的に嫌だと思うかも知れません。もちろん投げる場所の環境にもよると思いますが、紹介した料理はどれも一度水で戻してふやかしてから使うため、水で戻す際によくすすいで異物をより分けてから水に浸ければ、衛生的に問題はありません。それよりも、食べ物を無駄にしてしまう罪悪感から解放されるという心の安らかさの方が遥かに良いと思います。 節分を迎え、これから少しずつ暖かい春に向かって季節が動き始めますね。良き春がやってくるように精進を怠らず毎日励みたいと思います。
季節の精進料理

節分大豆のスープ_節分の精進料理

○「節分大豆のスープ」の魅力と特徴 節分の大豆を使った汁ものです。 胡麻油を少し加えることで、中国風のコクある仕上げにしましたが、味付けの際に胡麻油を加えなければあっさりとしたしょうゆ系になります。好みによっては味噌を溶いてみそ味にしても美味しく仕上がります。 大豆はあまり加熱すると割れて形が崩れたり、食感が柔らかくなりすぎてしまうため、他の具よりも遅らせて最後の方で加えます。また春雨は製品によってゆで時間が異なるので製品の指示書きを基本にして、最後の加熱の分を考慮して少しだけ短めにします。 加える具は一例で、残った野菜を上手く使って無駄が出ないように調理しましょう。
季節の精進料理

節分豆の炊き込みご飯_節分の精進料理

○「節分豆の炊き込みご飯」の魅力と特徴 節分の豆を使った豆ご飯です。とても美味しく、簡単に炊きあげることができます。豆の分が増えるため、お米1合で2人分計算ですが、おかわり分もたくさん考えたい場合は適宜量を増やして下さい。 大豆を水で戻した方がふっくら柔らかく、スムーズに食べることができますが、固めの食感を楽しみたい方は節分の豆をそのまま加えてもよいでしょう。ただしそのつもりで良く嚼んで食べないと喉に詰まったりすることもあるのでお気をつけ下さい。また、水で戻すことで過剰な大豆の臭み?を取り除く意味もありますので、戻さずに直接炊いた場合は大豆独特の臭いがかなり濃くなります。この臭いを好きか、あるいは苦手かは人によりますので初めての場合はまず水で戻す方法を試してみると良いでしょう。 昆布を載せて炊くことでお米全体にうまみが行き渡ります。炊いた後は柔らかくなった昆布を刻んで再度混ぜ込み、無駄なく頂きます。ただし昆布の種類によってはドロドロに近い状態になるため、混ぜにくければ避けて下さい。なるべく昆布も無駄がないように感謝して遺さずいただきましょう。
季節の精進料理

節分豆のかきあげ_節分の精進料理

○「節分豆のかきあげ」の魅力と特徴 前回、油を使う飛竜頭を紹介しました。個別に油を用意するのは大変ですが、一連の作業の中で流用すれば油の温度を上げたり片付けたりするにも便利なので今回は節分豆のかきあげをご紹介します。 上手に揚げたかき揚げは、カリッと、サクッとした食感が最高です。主にゴボウを主体として、だしガラの椎茸や残った人参などを具としました。これは一例で、冷蔵庫に残った野菜を無駄にしないように有効利用するにも適した料理です。たとえば前回の飛竜頭で使った春菊の固い根の部分や、残った三つ葉などを加えれば彩りも良くなります。 そして節分の豆を加えることで、食感と風味がよくなり、また栄養面でも充実します。節分の豆を水に浸けずに加えれば、カリカリした食感になります。また別の豆でも美味しく仕上がります。 かき揚げでもっとも重要な点は、「具をほどよい形に調えて、ほぐれないように油に入れる」ことです。そのためのコツは3つです 1 ころもの水を少し少なめにし、固めのころもにすること。ただしころもはグリグリとこねると粘り気が出てしまうため、ボウルに粉と水を入れたらボウルをゆする程度にして、あまりコネコネしないことです。前回の飛竜頭に使った粉を再利用しても良いでしょう。 2 かき揚げの形を調える際に注意しましょう。まずは具がバランス良く含まれるようにうまいこと混ぜ、ころもが全体にからむようにします。成形する際にかきあげを厚くしすぎると火が通らずころもが生のままの状態になってしまうことがあります。薄めの形を目指すようにします。 3 せっかく調えたかきあげも、油に移す際にほぐれてしまっては台無しになります。手のひらでかきあげ型に調え、そのまま手で油に投入するか、あるいはレンゲや薄型の小さいお玉などの上で形を調え、箸ですべらせるようにして油に入れるとうまくいきます。油に入れた後はある程度安定するまでしばらく触らずにおいてからひっくり返します。
季節の精進料理

節分豆の飛竜頭_節分の精進料理

○節分豆の飛竜頭の魅力と特徴 飛竜頭(ひりゅうず)は当ブログでも今まで何度か扱いましたが、つぶした豆腐に野菜の具を混ぜて固め、油で揚げた料理です。一説には、ポルトガル料理にfilhos(フィロース)という米粉を丸めて揚げた料理があり、それを江戸時代の人が聞いて飛竜頭、と漢字を当てたといわれます。空を飛んでいる竜の頭、だなんてセンス良い当て字ですね。ちなみに飛竜頭は関西での呼び方で、関東では「がんもどき」「がんも」などと呼びます。 これに節分の豆を加えると、大豆の食感と風味が加わって非常にボリュームたっぷりの仕上がりになります。もちろん大豆以外の豆もよく合いますし、水で戻さない節分の豆でもカリッとした食感となります。 煮汁で煮ないでそのままサクッとカリカリの食感のまま食べるのもよし、柔らかふんわりに煮汁で煮るのもよし、どちらでもお好みでどうぞ。 特に気をつけるポイントは以下の3点です。 1 何よりもまず豆腐の水気をしっかり切ることです。水っぽいと、丸める時にベトベトしてしまい失敗します。 2 次に油の温度です。高温だと、内部に火が通るまでに周囲が焦げてしまいます。中までゆっくり熱を加えるために、170度ほどの油で少し長めに揚げます。 3 衣をまぶす際はあまりいじりすぎると粉が粘ってきます。丸めたらササッところもを全体にまぶすようにして、あまり団子をいじりすぎないようにします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました