雪国の遅い春

東京ではすでに桜も散って葉桜になっていることでしょう。


しかし山間部で標高が高い当地では桜はまだ先で、いまようやく梅が咲きはじめたところです。
ニュースでは当地より北に位置する福島県でももう桜が満開と報じていたので、南北の緯度というよりも標高=気温が大きく関係してくるのでしょう。

この写真は桜ではなく梅ですよ?

東京では今年梅の開花は1~2月ごろだったようなので2ヶ月遅れでやっと梅が咲くのです。
梅林はとても良い香りに包まれています。

今年は特に大雪だったので雪解けも遅く、4月になって待ち望んだ地面がやっとあらわになりふきのとうが顔を出しました。
と思ったら4月なのになごり雪が降ったりしてふきのとうも凍えています。

まだまだタケノコが生えてくるのは1ヶ月以上先です。千葉の檀家さんが送ってくれたたけのこをゆでて春のめぐみを味わいました。

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です