大法輪誌に掲載

ここのところ私事で忙しくしておりまして久しぶりの更新です。
精進料理は頻繁に作っているのですが、なかなかブログ用の写真を撮る時間が無く3月お彼岸の新作お供え膳は今回は紹介できそうにありません。
まあ長い人生ですからこういう時期もありますね。

さて、老舗仏教書籍『大法輪』誌今月号に記事が掲載されました。
数年前まで、2ヶ月に一度精進料理記事を執筆していた頃はすぐに迫る締め切りと常に闘っていましたが、今回はだいぶ久しぶりの執筆となりました。

原稿の主旨は精進料理とはまったくの畑違いで、「不安をなくす心と身体の調整法」という主題の中で「雲水さんに学ぶ~食・睡眠・作務」と題した記事を執筆いたしました。題名は編集部からの指定です。死や病気、あるいは生活上の不安や心配により大きく心の健康を崩してしまう方が近年増えています。
では禅僧はどのようにして心のバランスを取っているのか、これを修行道場における雲水を例にして紹介しています。

正直言って依頼を受けた時にはなかなか難しいテーマなのでためらいもありましたが、自分の勉強の意味もこめてなんとか仕上げました。
もう少し深く掘り下げて書きたかった部分もかなりあったのですが、指定ページ数の関係もありほどほどのラインでおさめておきました。本来ならこのテーマだともう少し文字数が多くないと厳しいなあと感じました。

手に取る機会があれば是非ご覧下さい。

大法輪4月号  大法輪四月号

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です