白菜売れ行き好調化のきざし?

 昨日お話した白菜と大根が価格調整のために廃棄されるという話ですが、23日の気温が非常に寒かったために、白菜の売れ行きが好調のきざしをみせているとのこと。

 寒ければ鍋が食べたくなりますから、鍋に欠かせない白菜が売れるというわけです。
廃棄を中止するほどたくさん売れることはないのでしょうが、それでも少しは無駄にする量が減るのは望ましいことです。
 このまま激しい寒波が急にくれば、12月に白菜大根が高騰することもあるわけで、農産物というのは生ものだけに難しいものだなあとつくづく感じました。
 どちらにせよ皆さん、週末はぜひ白菜と大根を少しでも多く買いためしましょう。

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

Posted by 管理主宰者・典座和尚