トラックバック機能しばらく使用不可にしました

 3日前に当ブログ一日の閲覧者数が100人に達しました。一つの区切りとして嬉しく思っております。やはり公開する以上、少しでも多くの方に見ていただいた方が良いですから。

あまり宣伝・広告していない当ブログですが、つぎは一日150人突破をめざして地道にやっていきたいと思います。

 以前も悪質なトラックバックが多くて困っているという記事を掲載しましたが、当ブログの閲覧者数が増えるにつれてそうしたトラックバックが頻繁に行われるようになってきました。どう考えても当サイトと関係ないサイトの広告としか思えないトラックバックが多く、ここ数週間でかなりのトラックバックを削除しました。

そもそもトラックバックというのは、誰かが書いたある記事に対し、それを読んだ感想とか、関連記事とか、批評などを別の人が自分のブログに書く際、その引用元を明らかにするために行うものです。つまり、たとえば私が手打ちソバに関する記事を書いたとして、B氏が「典座ネットというサイトに手打ちソバの記事が載っていて、その通りに作ってみたらおいしくできました」という内容を自分のブログに書く場合にトラックバックをするのです。そうすることにより、B氏のブログをみた方も典座ネットブログを見に来るし、典座ネットブログを見ている人も、ああ記事の通りにソバを作って見た人がいるのか、とそっちも見に行くことができるということです。

要するに今までのホームページの形式だと「リンク」がこれに当たるわけです。ただし、リンクの場合は、B氏が参照元である典座ネットの記事をリンクしたとしても、典座ネットの側からリンクしてもらわなければ一方通行のままで、もし相互通行にするにはメールで相互リンクを依頼し、許可を受ける必要があったわけです。それをB氏側の操作だけで可能にするのがブログのトラックバック機能です。

しかし、それを悪用してまったく参照してもいないし、関係ない内容のサイトをトラックバックする方がいるのは、ようするに閲覧数の多いサイトにトラックバックを残すことにより、宣伝効果があるからなのです。

一応こちらとしてもトラックバックされたサイトを見に行きますが、当方に関する記事など書いてありません。そのブログのトップページなどにつながるだけです。

しかたがないので、残念なのですが当分のあいだ当ブログではトラックバック機能を使用不可に致します。せっかくのブログ機能を制限しなくてはいけないのは残念ですが、マナー違反の方が多い以上はやむを得ません。どうぞご理解下さい。

一般の閲覧者の皆様につきましては、今後ともどうぞかわらずよろしくお願い申し上げます。

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です