仏教

スポンサーリンク
典座和尚のひとりごと

『禅文化』誌 精進料理連載8回目掲載

年に4回刊行される『禅文化』誌 第256号に拙稿「精進料理の魅力」が掲載されております。連載第8回目は「お供え膳の実践作法」について触れました。 曹洞宗の寺院で実際に行じられている主な作法を詳述しましたが、曹洞宗内でも寺によっ...
典座への道(精進料理基礎指南)

今日から春のお彼岸です

ただマスクやアルコール消毒薬等がほぼ手に入らない今、遠方のスーパーに大々的に買い出しに出かけることも難しい方も多い状況だと思います。そこで多くのの食材を用いる料理の紹介は取りやめて、少ない食材で調理できるシンプルな精進料理を今回ご紹介することに致しました。 それは「ぼたもち」です。 お彼岸といえばぼたもち、いうまでもなく日本の伝統ですね。お店に行けばお彼岸期間には一番目立つ場所にぼたもちが並べられています。お彼岸になるといつも購入したぼたもちをお仏壇にお供えしている、という方も多いことでしょう。しかし、実はまだ数十年前くらい前までは、都市部は別として、全国的に見ればぼたもちといえば買うものではなく手作りするのが当たり前の料理でした。ぼた餅作り名人がどこにでもおられたものです。 そこで今回はぼた餅を手作りするレシピと手順を紹介致します。ちょうどお子さんが休校でご在宅の方も多いと思いますが、親子でコネコネしてぼた餅を作り、お墓やお仏壇にお供えするというのもまた尊い貴重な供物になるでしょう。 ただマスクやアルコール消毒薬等がほぼ手に入らない今、遠方のスーパーに大々的に買い出しに出かけることも難しい方も多い状況だと思います。そこで多くのの食材を用いる料理の紹介は取りやめて、少ない食材で調理できるシンプルな精進料理を今回ご紹介することに致しました。 それは「ぼたもち」です。 お彼岸といえばぼたもち、いうまでもなく日本の伝統ですね。お店に行けばお彼岸期間には一番目立つ場所にぼたもちが並べられています。お彼岸になるといつも購入したぼたもちをお仏壇にお供えしている、という方も多いことでしょう。しかし、実はまだ数十年前くらい前までは、都市部は別として、全国的に見ればぼたもちといえば買うものではなく手作りするのが当たり前の料理でした。ぼた餅作り名人がどこにでもおられたものです。 そこで今回はぼた餅を手作りするレシピと手順を紹介致します。ちょうどお子さんが休校でご在宅の方も多いと思いますが、親子でコネコネしてぼた餅を作り、お墓やお仏壇にお供えするというのもまた尊い貴重な供物になるでしょう。
典座和尚のひとりごと

新潟県某青年会にて寺族様精進料理研修会の講師を拝命

令和2年2月、新潟県某市の地域青年会にて、曹洞宗の寺族様を対象とした精進料理研修会が行われ、講師を務めてまいりました。 前日から現地入りするか迷っていましたが、今冬はずっと雪が降らず、おそらくこのまま雪なしだろうという楽観的観測により...
典座和尚のひとりごと

大法輪誌 特集『仏教の聖なる言葉』に執筆

いつもおせわになっている『大法輪』誌、令和になって最初の6月号が発刊され、拙稿が掲載されました。元号が新たになる節目の号に執筆できたご縁を大変有り難く感じています。今回の特集は「くりかえし唱えたい 仏教の聖なる言葉」です。「仏さまのお名前や、短い真言、お経などの聖なることばを日々の暮らしの中でくりかえし唱えましょう。その言葉はいつでもどこでもあなたと共にあり、人生の強い味方となります」特集の見出しにはこう書かれています。特集は4部構成となっています。第一部「南無○○という言葉」第二部「短い真言、陀羅尼」第三部「短いお経」第四部「上座部仏教とチベット仏教の短い言葉」この中で私はトップバッターの「第一部、三宝への帰依の文」と第二部「詳細妙吉祥陀羅尼」を受け持ちました。大法輪誌の企画をここ何十年の長いスパンで俯瞰すると、ここ数年は特に、非常に攻めたアグレッシブな傾向だと感じています。ありていで無難な企画を一歩踏み越えて、読み手にとって非常にためになり、興味を惹かれる企画が増えています。編集部から、「今回はこれこれこういう主旨で企画を立てました。ついては、○○について執筆を担当していただけませんか」という依頼電話がくるたびに、「う~ん、それはおもしろいですね!」と、自分が書くことを忘れて、一読者として読んでみたい!と思ってしまうのです。ですから書く側としても無難な、型どおりの内容では申し訳ない、少し攻めてみよう、と思ってしまうわけです。もちろん無難な内容に比べると賛否両論になることは覚悟の上です。そんな背景で発刊された令和最初の大法輪誌、是非ご覧下さいませ。
典座和尚のひとりごと

仏教誌『大法輪』9月号で執筆

仏教誌『大法輪』9月号に執筆しました。 今回の特集はかなりユニークです。大法輪誌とのおつきあいも長いのですがかなり攻めていると思います。 特集「仏教でやってはいけない10ヵ条」と題しまして、編集部がカテゴリーごとに10の禁止事項を設定し、各執筆者がその理由などを展開していくという形です。 たとえばわかりやすいカテゴリーでいうと、「お寺参りでやってはいけない10ヵ条」の中には「境内で断りもなく飲食すべきではない」「勝手に写真を撮ってはいけない」「仏像が仏画に勝手に触れてはいけない」「参道の真ん中を歩くべきではない」というような項目があり、各禁止事項の解説をよめば、それはつまり「お寺参りの際に気をつけるべき点」が10にまとめられているということです。 「気を付けるべき点」として10項目羅列するよりも、「してはいけない点」として挙げた方が記憶に残りやすいような印象ですし、いつもと少し変わった視点で特集を組んだなあという気がします。 読者にとっては「葬儀社を安さだけで選ぶべきでない」「喪主や遺族に故人の死因をぶしつけに聞くべきでは無い」「古い塔婆を放置するべきではない」というような、宗派を超えた実用的知識も役立ちますし、僧侶である私自身、「施餓鬼作法が終わったらその場所を振り返ってみてはいけない」「他の宗教を信じる人に密教を説いてはいけない」「橋の上で杖をついてはいけない」など他宗派の教えで知らなかったことや参考になったこと、あるいは「本尊にお供えしたお供物のお下がりは食べてはいけない」というような普段自分で説いていることと全く逆の見解も載っていてある意味驚きました。もちろん、それはどちらが間違いと言うことではなく、他見解を知ることが良い勉強になりますね。 後は「読経は近所迷惑になるほど大声でするべきではない」「大声で念仏をすべきでない」など、確かに曹洞宗でもそうした教えが明確にありますが、宗派が異なるとその理由が違う点などおもしろいなあ、と感じながら読みました。 なお私が担当したカテゴリーは「在家信者がやってはいけない10ヵ条」。 お題が難しいのに割り当て文字数が少なくて、踏み込んだことが書けず、表面的にまとめるしかなく苦労しました。 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました