管理主宰者・典座和尚

スポンサーリンク
講演・法話・精進料理教室

上州良寛会・講演講師をつとめました

新潟の名僧、有名な「良寛さん」を多くの方がご存じでしょう。泥棒が夜忍び込んだことに気付いていながらわざと布団を盗ませてあげたこと、タケノコが生えてきたので床板をはがして伸ばしてあげたこと、子供と仲良く鞠で遊んだり、かくれんぼに熱中して子供たちがとっくに家に帰った後もそれに気付かずずっと隠れていたことなど・・多くの逸話を残しています。そんな多くの人に愛されている良寛さんは曹洞宗の僧侶です。そうした逸話や、残された多くの明言を深く理解するには、曹洞宗の教えをきちんと理解する必要があります。曹洞宗の教え、しくみ、修行のようすなど・・・良寛さんを慕う会から依頼され、「峻厳なる禅風が醸した良寛師の慈愛」と題しまして良寛さんの言行と曹洞宗の教えを照らし合わせながら解説いたしました。良寛さんは新潟の僧ですが、晩年に随行された尼僧さんは群馬に縁があります。そんな地元群馬の熱心な方が集まった「上州良寛会」での講演、大変ありがたいご縁を結ぶことができました。各位に深く感謝申し上げます。
典座和尚のひとりごと

大本山總持寺のお土産 これは美味しい!「雲水さんせんべい」

神奈川県横浜市鶴見にある大本山總持寺を参拝した方からお土産を頂きました。その名も「雲水さん」国産海苔使用、手巻き煎餅とあり修行僧が互いにおがみあう姿が描かれています。開けてみると、海苔がおせんべいに巻かれた形が、まるで修行僧が黒衣をまとっている姿に見えるではありませんか!これは美味しい! パリパリの海苔が、香ばしいおせんべいととても良く調和しています。しかしこれ一つ一つ海苔を巻くのは相当な苦労でしょう・・・その手間は精進料理の心にも通じるものがあると感じました。いやーこれは初めて食べましたがとても美味しいです。總持寺内の受付向かいにあるお土産所で売られているとのこと。總持寺をお参りしたお土産として、お留守番の御家族やご近所の方にお薦め致します。私が頂いたのは上に「塩」とありますが、他に「しょうゆ」などの別バージョンもあるとのこと。なおいつまで販売しているか等、詳細は当方ではわかりません。總持寺への直接の問い合わせは修行の妨げになってしまいますので御遠慮下さい。あくまでも、お参りした際に売られていたら、ご縁だと思ってお求めになるのが良いでしょう。 
季節の精進料理

涅槃団子のレシピ_お釈迦様のご命日に

○涅槃団子とは お釈迦様がご入滅(お亡くなりになった)された2月15日を「涅槃会」(ねはんえ)と言います。曹洞宗ではお釈迦様がお生まれになった「降誕会」(ごうたんえ)、悟りを得た「成道会」(じょうどうえ)とあわせて「三仏忌(さんぶっき)」と呼び、丁寧な法要を行い、お釈迦様への報恩追慕を表します。 涅槃会ではお釈迦様がお亡くなりになった際の様子が描れた大きな掛け軸、「涅槃図」(ねはんず)を掲げ、「涅槃団子(ねはんだんご)」をお供えします。お寺によって涅槃会の法要の後、この涅槃団子を参詣者に放り投げ、拾ってもらう習儀があります。北陸地方に多い風習です。 涅槃会についてはお話ししたい点がたくさんありますが、今回はこの「涅槃団子」の作り方についてご紹介します。さまざまな作り方がありますが、私が今まで永平寺の台所、および永平寺東京別院で作ってきた製法です。色々な作り方があり、どれが正しいということはありません。特に、こねた後にはゆでて冷水で冷やして固めるという方法も根強く、大量に作る場合は便利だと思いますが、やはり私としては手間がかかっても蒸らした方が色つや、食感が良く仕上がると思います。 ぜひ、お釈迦様の涅槃会に合わせてご家庭でもお作りになって、お仏壇にお供えしていただきたいと思います。一般家庭では、13日あるいは14日の午後にお供えし、15日の夕方に下げて頂くのが良いと思います。固くなっていたらオーブンなどでお餅のように焼くと良いでしょう。 ○法事団子にも応用できます 色を付けず真っ白に作れば、四十九日忌、一周忌、三回忌などの法事団子になります。世代間継承が断絶しつつある現在、作り方がわからないという方が増えてきました。ぜひ一度試して欲しいと思います。なお地域やお寺によっては、49個作る、とか49個を一対=98個作る、というような数の指定がある場合も多いようです。 
典座和尚のひとりごと

節分豆を使った一汁三菜精進料理六品

これは完全な私論ですが。私は食べ物を投げてそのまま捨ててしまうという行為に、非常に抵抗を感じます。まあ節分の伝統行事として行われているわけで、厄払いや招福の意味であることは充分わかりますし、それをなさる方を強く批判するつもりはありません。しかしやはり、食べ物を投げてそのまま地面に放置し、後で掃除して捨てられてしまうことには違和感を覚えます。節分の豆まき自体は良い風習だと思いますが、その豆を集めてすすぎ、水で戻して料理に利用してはどうかと提案したいのです。 食材の命を無駄にせず、感謝して活かしきるのが精進料理の心です。放り投げられた豆を使うことは衛生的に嫌だと思うかも知れません。もちろん投げる場所の環境にもよると思いますが、紹介した料理はどれも一度水で戻してふやかしてから使うため、水で戻す際によくすすいで異物をより分けてから水に浸ければ、衛生的に問題はありません。それよりも、食べ物を無駄にしてしまう罪悪感から解放されるという心の安らかさの方が遥かに良いと思います。 節分を迎え、これから少しずつ暖かい春に向かって季節が動き始めますね。良き春がやってくるように精進を怠らず毎日励みたいと思います。
季節の精進料理

節分大豆のスープ_節分の精進料理

○「節分大豆のスープ」の魅力と特徴 節分の大豆を使った汁ものです。 胡麻油を少し加えることで、中国風のコクある仕上げにしましたが、味付けの際に胡麻油を加えなければあっさりとしたしょうゆ系になります。好みによっては味噌を溶いてみそ味にしても美味しく仕上がります。 大豆はあまり加熱すると割れて形が崩れたり、食感が柔らかくなりすぎてしまうため、他の具よりも遅らせて最後の方で加えます。また春雨は製品によってゆで時間が異なるので製品の指示書きを基本にして、最後の加熱の分を考慮して少しだけ短めにします。 加える具は一例で、残った野菜を上手く使って無駄が出ないように調理しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました