「 胡瓜 」一覧

胡瓜と柑橘の胡麻酢あえ_令和元年お盆のお供え膳

今年は七月中は涼しい曇りの日が続き、夏とは思えないような低気温となりました。過ごしやすかったのは良いのですが作物にはよろしくなく、自家農園畑の胡瓜は日照不足・気温不足で良い実がならない状況が続き、市場価格もかなり高めでした。 しかし八月に入るとうってかわって超高温の日々となり、例年同様群馬県が日本最高気温を出す日もあるなどとても良い天気の毎日となりました。そのため胡瓜や大葉もグングンと育ち、良い実がなって市場価格も落ち着いてきました。 胡瓜は体温を下げる効果もあるため夏には欠かせない食材です。鮮やかな緑色は彩りもよく、複数献立を考える際は色合いのアクセントとしても積極的に加えたい食材です。 また大葉はその個性が強い風味によって、暑い日が続き食欲が落ちがちな時期には特に食欲増進効果も期待できます。ただし個性が強いと言うことは悪く言えばクセでもあるわけで、好みによって大葉のアクをどの程度抜くかがポイントになります。 しめじを加えることで、うまみと、食感に変化をつけることができます。また米酢の酸味を補い、彩りを良くするために柑橘類を加えると良いでしょう。種類はなんでもかまいません。 酢を加えた料理は、時間が経つと食材の色合いが変わってしまいます。その分味が染みるのですから悪いわけではないのですが、特にお供え膳や来客のもてなしのように見栄えも気にしたい状況の場合は、酢を供す直前にかけるようにすると良いでしょう。

胡瓜と人参の浅漬け_令和元年7月盆の精進料理お供え膳

初心者ほど、意外と漬物を軽視しがちですが、和食にとって漬物は料理の形式上、また献立全体のバランスを整えるためにも欠かせない一品です。今回は初心者向け献立という趣旨ですので手軽に短時間で仕上がる基本の浅漬けをおさらいしましょう。 精進料理の心をいかすためにも、他の料理で残った胡瓜と人参の切れ端を有効利用します。普段から捨てずに取っておく癖をつけましょう。 また少量だけを漬ける場合は、胡瓜をまるごと1本そのままの形で漬けるのではなく、食べる形に切ってから漬けるのがコツです。断面積が広いため、塩気がなじみやすくすぐに漬かります。ただしその分長期保存には向きません。2日以上おいておくと漬かりすぎてしょっぱくなってしまうため、あくまでも少量を短時間で漬ける場合のレシピです。 もう一つのポイントは塩の量です。今回は胡瓜30g、人参20g合わせて50gですが、その場合塩は多くても小さじ1/2程度です。あまり多いとしょっぱすぎますのでご注意ください。 具材から出た水気が全体にいきわたり、さらに漬かりやすくなりますので分量にあった大きさのビニールで、具材が密集した状態で縛ることも大事です。大きすぎるビニールで具材や水気が分散してしまうと漬かりにくくなってしまいます。 以上の点に気を付ければ初心者でも簡単に漬物をつくることができます。これからの時期胡瓜と人参が安価になりますからぜひ少しだけ残った場合は無駄にせず浅漬けにして使い切るようにしましょう。

蛇腹胡瓜のレモン漬_平成三十年秋彼岸のお供え膳

 お彼岸お供え膳の最終料理は胡瓜をジャバラ切りにした漬物です。あら塩だけで仕上げれば浅漬ですが、そこにレモンを加えることでレモン漬にしてみました。レモンの酸味が胡瓜によく合い、サッパリした風味を醸し出します。  包丁で蛇腹の切れ込みを入れるのは初心者には少し難しいかもしれません。しかし自分にできないことをはじめから諦めてしまっては、いつになってもできるようになりません。自分の実力よりも少し上に目標を設定し、できないことをできるように努力する向上心を持つことはとても大切だと思います。お彼岸はまた来年もやってきますし、胡瓜の旬も毎年めぐってきます。いつかできるようにと心がけ、数年後、数十年後にできるようになればよいのです。誰でも、はじめてのことは上手くできなくて当たり前です。しかしそれを習得しようと心がけた人と、諦めてしまった人とでは数年後に大きな差ができることでしょう。  切れ込みを1本ずつ切りこむよりも、ザクザクとリズム良く機械的に包丁を動かした方が整った切れ込みが入れやすいと思います。どうしても難しい方は胡瓜の中心に細い串を刺し、その串にあたるまで切れ込みを入れるという練習もできます。  仕上がった胡瓜を盛り付ける際は、胡瓜をねじってすこし切れ目をずらして蛇腹を強調するようにすると見栄え良くなります。またレモンの味が染みこんだ漬け汁も一緒に盛り付けると濃い風味を楽しめます。 

梅とみょうがの和風パスタ

 暑い日が続いています。例年ですと8月になれば徐々に暑さも落ち着きますが今年の日中の暑さは半端じゃない厳しさです。熱中症にならないようにかなり気をつけて屋外作業をしていますが、それでも軽い頭痛や手足のけいれんなどに苦しんでいます。汗びっしょりになった作業服は昼休み中にすぐ乾くので良いのですが・・・発汗量もものすごく大量で、水分と、同時に塩分やミネラルを補充しないと身体がもちません。  食欲もガクンと落ちる暑さの中、梅干しを使った和風パスタがお薦めです。梅のすっぱさが食欲を刺激して美味しくいただくことができます。また、ふだんは塩分控えめが推奨されるご時世ですがこれだけの発汗量だと気にせず多めの梅干しをいただくことができます。  精進料理らしく、梅干しの種も簡単に捨てずに昆布ダシですすいで味付けに利用します。胡瓜やみょうがは炒めすぎず、シャキシャキした食感を残すように油をからめる程度に炒めます。梅干しの塩分はものによってかなり違うため、しょうゆや塩の量は適宜加減して下さい。  手間をかけて仕上げた手作りの梅を使えば、その味わいもひとしおです。

今日から七月盆 略式の飾りならまだ間に合います

都市部では地方のように本格的なお盆の準備をするのが難しい場合も多いでしょう。その場合は、上の写真のように、お仏壇の前に盆ゴザを敷いて、ナスとキュウリで牛と馬を用意し、水の子だけをお供えする略式でのお盆飾りをお薦めします。はじめから本格的なお盆飾りは無理だから、とあきらめてしまうのではなく、できる範囲でまごころを形に表せば良いと思うのです。この略式なら、ほんの30分で用意することができます。 一年に一度しかないお盆です。是非とも、供養のお気持ちを届けていただきたいと思います。

大豆もやしと胡瓜の吉野酢_平成30年7月盆の精進料理お供え膳

とろみを付けた酢を吉野酢といいます。二杯酢や三杯酢などの甘酢に、葛粉を水で溶いて加えることでとろみをつけるのです。葛粉は奈良県の吉野地方が名産だったため、和食ではとろみをつけた酢のことを吉野酢と呼ぶのです。 精進料理では胡麻豆腐を作る際に葛粉を使いますが、ご家庭でそのためだけに葛粉を少量用意するのは難しいと思います。その場合は葛粉の代わりに片栗粉を使います。その場合でも、吉野酢と称します。 酢のものは冷めた状態で出しますが、とろみをつける際に加熱した時は緩めに見えても、さめるとあんの状態が堅めになるため、鍋の中では少し緩いくらいのとろみ具合に仕上げると、さめたらちょうど良くなります。 少し前にポン酢ジュレを野菜にかけたお洒落なサラダがブームになりました。ジュレよりも少し柔らかめに、そして和風に仕上げたのが吉野酢です。胡瓜をふつうの甘酢にひたすと、どうしても色が悪くなり、また胡瓜のシャキシャキ感が損なわれてしまいます。和えた野菜の上にジュレ状の酢を載せるなら、野菜の状態が酢で変化することなく、盛り付けてからも長時間きれいなままで保つことができるため、お供え膳には最適です。食べる際に吉野酢を野菜と混ぜて召し上がって下さい。