「 由来 」一覧

大本山永平寺 建築中の柏樹關とお薦めのお土産

永平寺の門前に、現在「柏樹關(はくじゅかん)」と呼ばれる宿泊施設が建設されています。永平寺に向かって右手側に川が流れており、その向こう岸に「柏樹庵(はくじゅあん)」という塔頭がありました。柏樹庵の尼僧さんが私と同じ日に永平寺で瑞世の法要をなさったご縁で、修行中何度かお茶を飲みに行った記憶があります。 現在永平寺の門前街が諸々整備されておりますが、その一環として川岸をきれいに調え、柏樹庵も一度解体してその跡地に建築されているのです。

修行僧の長寿健康の秘訣、納豆

納豆は本当に体に良い食品です。 各種ビタミン類が豊富で、特にビタミンk2はカルシウムとともに骨を強くします。またマグネシウムなどのミネラル類、腸内フローラにも良い影響をもたらす乳酸菌と食物繊維が豊富で免疫力を高めます。なんと納豆には殺菌作用があり、0157に対しても有効なんだとか。虫歯菌にも抗菌するため、口内環境にも良いそうです。また有名なところでは納豆は血をサラサラにし、血栓を溶かす効果があるということで高血圧や脳梗塞心筋梗塞の予防にも効果的です。納豆かけご飯は血糖値も上昇しにくいという実験結果もあるようです。「納豆好きは色白美人」というように、美肌効果も高く、ダイエットにも適しています。 

明日から春のお彼岸です

お彼岸期間、今年の日程を見るとスタートが日曜日、終わりが土曜日という、休日的には好都合な年です。お墓を掃除し、亡き方々に手を合わせて感謝の意を伝えましょう。 一般的には「お彼岸にはお墓参りをする」と定着していますが、本来はお彼岸は「仏道修行にいつも以上に励み、仏の教えをいっそう深く学ぶ」いわば特別修行期間です。お墓参りをするのは誰もがなすべき、代表的な行為として注目されているのであって、それが全てではありません。できる範囲で仏道を実践し、仏の教えに親しむためにも手作りの精進料理膳をお供えして供養してあげましょう。仏菩薩のため、あるいは亡き人のために料理を作ることは、とても良い供養となると同時に、自分の修行=善行の実践になるのです。