炊き込みご飯

スポンサーリンク
季節の精進料理

煮汁の味付けご飯_令和元年7月盆の

 精進料理ではなるべく無駄を出さずに食材を使い切ります。煮物に使った煮汁も同様で、そのまま捨ててしまうのではなくなんとかしてリサイクル・再利用・流用できないか工夫します。もちろんそうはいっても利用できない場合もありますが、よく使うのが煮物を作るために作った煮汁をご飯を炊く際に混ぜ込む「味付きご飯」です。これは・・・まずはずれることなく美味しく仕上がります。今回は味をはっきり理解してもらうために何も具を入れませんでしたが、煮崩れた煮物のカスや端材などを加えることも良くあります。大根の汁のようなあっさり系の味、厚揚げのようなコッテリ系、少し油分が加わった煮汁など、煮物の傾向によって仕上がりが変わります。今回は両方を混ぜる形で紹介しましたが、お好みによってどちらか片方だけにしても良いですし、また薄くしたり濃くしたりするのも自由です。肝心なことは煮汁も無駄にしないようにするという心構えです。お盆のお供え膳として、みほとけの教えを実践する精進料理は最適だと思います。そしてなおかつ美味しく仕上がるという、もういうことない一品です。煮汁だけだと少し薄くて物足りないという方はしょうゆを適宜加えると良いでしょう。
季節の精進料理

節分豆の炊き込みご飯_節分の精進料理

○「節分豆の炊き込みご飯」の魅力と特徴 節分の豆を使った豆ご飯です。とても美味しく、簡単に炊きあげることができます。豆の分が増えるため、お米1合で2人分計算ですが、おかわり分もたくさん考えたい場合は適宜量を増やして下さい。 大豆を水で戻した方がふっくら柔らかく、スムーズに食べることができますが、固めの食感を楽しみたい方は節分の豆をそのまま加えてもよいでしょう。ただしそのつもりで良く嚼んで食べないと喉に詰まったりすることもあるのでお気をつけ下さい。また、水で戻すことで過剰な大豆の臭み?を取り除く意味もありますので、戻さずに直接炊いた場合は大豆独特の臭いがかなり濃くなります。この臭いを好きか、あるいは苦手かは人によりますので初めての場合はまず水で戻す方法を試してみると良いでしょう。 昆布を載せて炊くことでお米全体にうまみが行き渡ります。炊いた後は柔らかくなった昆布を刻んで再度混ぜ込み、無駄なく頂きます。ただし昆布の種類によってはドロドロに近い状態になるため、混ぜにくければ避けて下さい。なるべく昆布も無駄がないように感謝して遺さずいただきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました