作り方

スポンサーリンク
季節の精進料理

サツマイモの白あえ

さつまいもの魅力の一つは、ゴロッと大きめに切った大ぶりな乱切りを口にした際、ホロリと崩れるような柔らかさと適度な噛みごたえにあると思います。蒸すことで煮崩れることなく形状を保ったままでほどよい柔らかさを得た上で、さらになめらかな豆腐地をまとわせた白あえにしました。 蒸すことで煮崩れしにくく、またサツマイモの味が煮汁にしみ出てしまうことを防ぐことができますが、その反面、サツマイモ自体の味があまり濃くないものを使う場合には不利な調理方法となります。煮物の残りがちょうどある場合はそれを有効利用すると良いでしょう。
季節の精進料理

サツマイモのなめらか精進スープ

サツマイモを使った料理というとやはり「和」のイメージが強く、毎回似たような仕上がりになることが多くなってしまいます。時には雰囲気を変えて洋風料理に仕上げるイメージチェンジを楽しむことも料理の大切な要素です。今回は、豆乳を使ったお洒落な精進クリームスープを紹介します。 せっかくなので洋風の食器を使ってみると、和と洋がうまくミックスされた現代的な精進料理の雰囲気が醸し出せるのではないかと思います。
季節の精進料理

幸福の芋きんとん お茶菓子や八寸に最適

おせち料理の定番、栗きんとんを入手しやすいサツマイモで作ります。 先日のサツマイモの蜜煮を流用するため、それほど大がかりな手間はかかりません。こし網がなければ別の調理器具で代用できます。クチナシの実できれいに色づけした黄金色のサツマイモは、金運を呼び幸福を招くといわれます。時には優雅に抹茶とともに来客にお出しし、おもてなしの場を盛り上げてみてはいかがでしょうか。
季節の精進料理

泡雪の粉ふきさつまいも

通常はジャガイモを使うことが多い粉ふきいもですが、旬のさつまいもに応用します。ネーミングの由来、調理手順とレシピを手順写真をまじえながら解説します。 食物繊維が豊富で、砂糖を加えずとも自然に甘みを感じられ、健康維持や生活習慣病の予防にも最適な伝統的精進料理レシピです。 シンプルで枯淡な料理で、禅味を感じてみてください。
季節の精進料理

さつまいもの春巻

さつまいもシリーズ、飽きないように今回はちょっと目先を変えたお洒落な調理法です。 サックリサクサク、パリッパリの春巻の皮に、柔らかな食感のさつまいもの甘みがホクホクにとろけます。具を細く切ることで、大きな固形を口に入れるのとは違って口の中でほぐれやすく、繊細で上品な風味を得ることができます。中に包む具は一例なので無理に揃えず好きな食材をお使い下さい。さつまいもだけを使っても良いでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました