スイーツ

スポンサーリンク
季節の精進料理

とろける精進スイーツ・わらび餅_平成30年精進料理お供え膳

わらび餅はもともと、わらびの根元から抽出したデンプンを使って練り上げたものを指します。葛や、馬鈴薯から取る片栗粉などのように、「わらび粉」というデンプン粉があるのです。古くは飢饉などの際に地面を掘ってわらびの根から取った粉をこねて餅状にし、飢えをしのいだこともありました。 このように、本来のわらび餅は、いわゆる山菜のわらびをそのまま使って作るわけではなく、わらびの根から取り出される粉を使って作った餅状の菓子ということになります。 しかし和食の世界では、それをわかった上で、あえて山菜としてのワラビを使って、ワラビの味がする餅を作る「わらび餅」もあるのです。今回紹介するのはこちらの方で、春のわらびの風味を練り込んだ、格調高い和菓子です。
お供えにぜひ_群馬の銘菓

シナモンの魅力~渋川錦光堂のこがねいも

こがねいもはしっかりした外皮であんが包まれたややこぶりの細長いお菓子です。ほどよい堅さを保ちながら、口中ではホロリと崩れる絶妙な柔らかさを実現させたところに老舗の技術を感じさせます。 表皮には桂皮末・シナモンが使われ、これが非常に良い大人のアクセントです。似たようなお菓子はたくさんありますが、子供ながらにこのお菓子の味はちょっと他と違うぞ、と思わせたシナモンの風味がこのお菓子最大の特徴ではないかと思います。シナモンが苦手な方もおられるでしょうし、平凡な思考では和菓子にわざわざシナモンは加えないでしょう・・・でもその常道をあえて外して挑戦したところに、このお菓子をやみつきにさせる魅力があると思います。 
お供えにぜひ_群馬の銘菓

高崎微笑庵のちごもち_絶品の銘菓

◇微笑庵ちごもちの特徴とレビュー 群馬が誇るお土産シリーズ、かなりレアで入手しにくい逸品ですが機会があれば是非お試しいただきたいのが、高崎微笑庵さんの「ちごもち」、いわゆる苺大福です。 苺大福はこれからの時期各地で販売されますが...
季節の精進料理

幸福の芋きんとん お茶菓子や八寸に最適

おせち料理の定番、栗きんとんを入手しやすいサツマイモで作ります。 先日のサツマイモの蜜煮を流用するため、それほど大がかりな手間はかかりません。こし網がなければ別の調理器具で代用できます。クチナシの実できれいに色づけした黄金色のサツマイモは、金運を呼び幸福を招くといわれます。時には優雅に抹茶とともに来客にお出しし、おもてなしの場を盛り上げてみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました