「 さつまいも 」一覧

さつまいもときざみ昆布のうま煮_平成三十年秋彼岸のお供え膳

 今日20日から秋彼岸が始まります。 これは私見ですが、お盆は故人が主役の行事ですが、春と秋のお彼岸は生きている私達が主役だと私は考えています。お彼岸というのは、単に亡き人やご先祖様のお墓参りをして、拝み、供養すれば良いというわけではなく、あくまでも生きている自分の修行の一環として、それらを行うことが大切です。さらにいえば、お墓参りだけすればお彼岸はオッケーということではなくて、お墓参りを通じて、命の尊さや人生の意義をよくよく考え、普段なかなか落ち着いてゆっくり考えることができない仏の道や教えに触れることが大事です。お彼岸の一週間のうちに是非仏法を学び、何かできることを実践する機会にしていただけると良いと思います。 難しいことはできないよ、と言う方はぜひ精進料理の教えを実践する意味で、お彼岸のお供え膳を作ってお仏壇にお供えしていただきたいと思います。当ブログでは本日から毎年恒例の秋彼岸のお供え精進料理膳を一品ずつ紹介していきます。 さつまいもときざみ昆布の旨煮の魅力と特徴 一品目は秋の味覚、さつまいもを甘しょっぱく煮たうま煮です。 きざみ昆布としめじを加えることで濃厚なうま味成分が出て、さつまいもの甘さを引き立てます。料亭や懐石弁当で見るような、上品な色あいに仕上げるよりも、砂糖としょうゆを濃い目に使って田舎風の素朴で家庭的な仕上がりを狙った方がお彼岸のお供えとしてはしっくりくると思います。 コツとしては、一点目に加熱する際には弱火で長時間で煮ます。火を強くすると確かに早く煮えますが、さつまいもの皮が剥がれてしまう危険性が高まります。面取りは皮はがれにほとんど影響しないので、田舎風なイメージに仕上げる点からも不要でしょう。弱火でじっくり煮て煮汁を減らすことが第一です。 二点目は、上白糖を大さじ2杯使うよりも、上白糖1杯、ザラメ砂糖1杯に分けた方がザラメ砂糖のコクを活かすことができます。無い場合は上白糖2杯でもかまいません。また甘味を抑えたい方は砂糖の総量を減らして下さい。 

シナモンの魅力~渋川錦光堂のこがねいも

こがねいもはしっかりした外皮であんが包まれたややこぶりの細長いお菓子です。ほどよい堅さを保ちながら、口中ではホロリと崩れる絶妙な柔らかさを実現させたところに老舗の技術を感じさせます。 表皮には桂皮末・シナモンが使われ、これが非常に良い大人のアクセントです。似たようなお菓子はたくさんありますが、子供ながらにこのお菓子の味はちょっと他と違うぞ、と思わせたシナモンの風味がこのお菓子最大の特徴ではないかと思います。シナモンが苦手な方もおられるでしょうし、平凡な思考では和菓子にわざわざシナモンは加えないでしょう・・・でもその常道をあえて外して挑戦したところに、このお菓子をやみつきにさせる魅力があると思います。 

さつまいもの煮物の天ぷら_残り物リサイクル精進料理

さつまいもの天ぷらは精進料理の定番で、昔から仏事でもよく出されています。通常は、薄切りにしたさつまいもを生のまま衣につけて油であげます。薄く切らないと中まで火が通らないからです。 それはそれで美味ですが、薄く切ることでさつまいもの風味が存分に味わえない欠点もあります。 そこで今回は、一度煮物にして味付けしたさつまいもを天ぷらにする方法をご紹介します。これによって、さつまいもを厚切りにすることができ、また煮物にしますので下味を充分につけることができ、ホクホクとした柔らかいさつまいもに、カラッとしたほどよい歯ごたえの衣が包むことになります。具のさつまいもは煮物としてすでに火が通っているため、中まで火を通す必要はありません。衣だけがパリッと揚がればすぐに油から引き上げて良いため、失敗も少ない手軽な料理です。いつもの薄く切ったサツマイモと違った、ゴロッとしたかみ応えある形状は、新たなサツマイモの味わいをもたらせてくれるでしょう。