お釈迦様

スポンサーリンク
季節の精進料理

揚げライスボール_2500年前お釈迦様時代の料理再現

お釈迦様の時代、すでにおかゆやご飯が食されていたことは仏典からも明かです。先行研究によれば精米技術もある程度進み、玄米でなく白米も食されていたとされます。王子として生を受けたお釈迦様は精米された白米を食べていたと推測されます。 ただしお米といってもインドで採れるお米はインディカ米、日本ではタイ米とも呼ばれる細長く、粘り気が少ないお米だったと推測できます。インディカ米は品種にも寄りますが日本のお米と違って独特の臭いが感じられるものもあり、インドや東南アジアではスープと合わせたりチャーハンのようにスパイスで炒めるなどして味を加える調理法が多く用いられます。 
季節の精進料理

ひよこ豆の甘茶煮_2500年前お釈迦様時代の料理再現

お釈迦様の時代に食されていた食材の一つに、豆があります。豆は原始的な環境でも比較的育てるのが容易で、干せば長期保存が可能です。冷蔵庫など無かった時代には、保存食として大変重宝された食材でしょう。さまざまな豆が栽培されていたと推測されています。 豆の中でもひよこ豆はエジプト、アフリカ、ローマなどで古代から食されていた古い食材で、インドでは「チャナ豆」「ベンガル豆」と呼ばれ、現在は世界でダントツ一位の生産量を誇ります。ひよこの尻尾のような形をしているかわいらしい豆で、各種ミネラルも豊富なすぐれた食材です。 
季節の精進料理

全粒粉のパラータ_釈尊花祭りのお供え精進料理膳

2500年前のインドの食事、想像するとかなり遅れた原始的なものを想像するかもしれませんが、それは大きな誤りです。すでに当時、かなり豊かな食文化が展開されていたことが各種文献によって推測されています。 パラータというのは、インドや東南アジアなどでよく食されている、小麦粉などの穀物粉を水で練って薄くし、油を加えて焼いたものです。 2500年前は、当然ながら製粉技術が未発達でしたので、今のような真っ白な粉は、特別な用途では用いたでしょうが一般的ではなかったと思われます。外殻が多く混ざった黒や茶色っぽい粉だったでしょうから、現代では全粒粉を使ってみました。ふすまや胚芽、胚乳を取り除かずにすべて含んだもので、味はクリアーではありませんがむしろこちらの方が各種栄養が多く、この深い雑味もまたよいものです。
典座への道(精進料理基礎指南)

お釈迦様のお誕生日を祝う「花まつり」に2500年前の精進料理をお供えする

 4月8日はお釈迦様のお誕生日です。われわれ仏教徒にとっておめでたい行事として、華やかに、そしてにぎやかに祝います。    今から2500年ほど昔、お釈迦様のお母様、マーヤー夫人はある日6本の牙を持つ白い像がお腹に入る夢を見てご懐妊なさいました。出産のため里帰りする旅路で思いがけず産気づき、美しい花が咲き乱れるルンビニーの園でお釈迦様は生を受けられました。その時、お釈迦様は天と地を指さして「天上天下唯我独尊」(この命はかけがえのない尊いものである)とおっしゃり、ご誕生を祝った龍天が、産湯代わりに甘露の雨を降らせて清浄なる水を注いでくれたという故事があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました