NHK 新日本風土記 永平寺 托鉢と老婆

さきほど、NHKで永平寺の特集番組が放映されていました。

廊下の雑巾がけをする修行僧のはだしの足をカメラがアップし、そのひび割れたかかとを見て20年前の修行を思い起こしました。寒さでひび割れた足と手で、台所の水場での修行は本当に辛かったです。

 

さてテレビでは、托鉢のようすが写りました。

福井市内に赴いて托鉢すると、老婆が修行僧が持つ椀にお布施のお金を入れ、インタビューに「私ももう年をとったから永平寺まではなかなかお参りに行けなくてねえ、こうしてわざわざ来て下さって本当にありがたいことです」とおっしゃっていました。

受け取る人によっては、「なんだこの坊主め、お布施が欲しくて家までおしかけてきやがって!誰がやるもんか!」という考えもあるでしょう。しかしこのテレビの老婆は、自分が永平寺に行ってお布施すべき立場であるのに、お坊様がわざわざここまで来て下さり、お布施の機会を作って下さった、とありがたがっているのです。

なんとも尊い信仰心だなあ、と感じました。本気でそう思っていなかったら、なかなかこうしたセリフは出ないでしょう。時折、お布施と包み袋に書いてあっても、まるで「お経の代金」のように、料金を支払うかのような意識で渡してくる方もおられますが、それは大きな間違いです。

「お布施をさせていただく」ということがどういうことなのか、よくわかっている言葉だと思いました。

 

永平寺での真面目で厳しい修行ぶりが、福井の方々に知られているからこそ、こうした深い信仰が今も生きているのだと思います。

托鉢しても「あっちいけ、しっし」と言われてしまうとしたら、そう考えさせてしまう僧侶の側にも責任がありそうです。そうならないよう、僧としてあるべき行いを積めるように精進いたします。

 

なお番組は後日再放送するようです。どうぞご覧下さい。

「新日本風土記 永平寺」再放送4月8日(金)午前8時~ NHKBSプレミアムBSプレミアム 永平寺

 

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

Posted by 管理主宰者・典座和尚