年末年始のトラブル

ここ数年、私には年末年始のジンクス?のようなものがあります。

年末のジンクスは、12月になるとプリンタ-、携帯電話、暖房、腕時計、車などそれまで快調に動いていた機械が突然壊れるのです。
今までは壊れてもまあなんとか対処できていたのですが、昨年の12月、メインのパソコンが壊れてしまい、大トラブルになってしまいました。

ある朝パソコンを起動して事務作業をしているとなんだか焦げ臭い臭いが。
はじめは石油ストーブの臭いかなと思い点検してみましたが異常なく、台所でもないし・・これはパソコン内部からだ!と気づいた時にはすでに遅く、パソコンが動かなくなってしまいました。

諸行無常、かたちあるものはいつか壊れます。
禅僧たるもの、それはよーく分かっているのですが、それでもパソコンだけは壊れると困ります。
今までの長いパソコン経験から、そうなったときに困らないように日頃から大切なデータについては定期バックアップを行い、分散保存しているため、今回の故障でもデータをすべて失うことはありませんでした。
また、パソコンが壊れた場合の対処も心得ているため、パソコンからハードディスクを取り出して数日作業していたデータを復旧することはできたのですが、一番困ったのが修理にかかる期間です。

年末で工場が多忙で、修理に2ヶ月近くかかるとのこと。
出張に持参する小型ノートパソコンがありますが、画面も小さく性能も低いのでメールやネットくらいしか使えず、大きな画像を開くとフリーズしてしまうため、2ヶ月修理している間の代わりにはなりません。

まあ故障したパソコンもすでに5年使った品でOSも型遅れ、仕事でさんざん使ったため正直言って寿命による故障なので、高額な修理費用をかけて直すよりも現在売られている最新性能のパソコンを買った方が良いと思い、予想外の出費は痛かったものの思い切ってパソコンを買い換えることにしました。

パソコンに限らず、少ない予算の中で良いものを買うには、よく調べていろいろと納得した上で選択する必要があります。しかし5年前ぶりのパソコン購入の上、肝心のパソコンが故障で使えずネット検索も不便で、性能を調べるのにも一苦労。
そんな中で一番迷ったのは、OSをインストールするCドライブを従来同様のハードディスクにするか、あるいはここのところ台頭してきたSSDにするか。

ハードディスクと違い、SSDは読み込み速度が格段に速いため、パソコンやソフトの起動がとても早くなるとのこと。そのかわりまだ高価なので容量が少なく、また何度も書き込んだり消したりするには向いていないようです。ということは、いったんインストールすればあとは起動するだけのソフトなどはSSDに入れ、データはハードディスクに入れるようにすれば解決するのでは、と思い悩んだ結果、SSDにしました。
最新CPUとSSDのパワーでストレスを全く感じさせない快適なパソコン生活が・・これでジャンジャンブログもアップできるな、と思っていたところそうはいかず、大きな壁にぶち当たりました。

前のパソコンはウインドウズXP、今後は二世代後のウインドウズ7。
ウインドウズ7には64ビットと32ビットがあり、大容量メモリーを使うために64ビットを選んだのですが、これがどうも使い勝手が悪いのです。

64ビットにはインストールできないソフトもあり、それは32ビットモードでインストールしなくてはいけないのですが、64ビットでインストールできたかと思ってもうまく作動しなかったり、これがなかなかやっかいでして・・・
特にメインで使っている画像関係ソフトがいくつかまだ安定せず、ファイル変換時などにフリーズしてしまいます。
それから、インターネットエクスプローラーがなぜか非常に不安定で、しょっちゅう停止します。
サポートセンターに連絡してもなかなか解決法がないようで、再インストールしてみるといいかも、というような頼りない回答。

便利になったようで、実はそうでもなく・・・。これなら多少遅くても前のパソコンの方が安定性という面では良かったような気もします。やはり仕事で使う機械は、安定性が第一です。
いずれ時間があるときに再インストールしなくては・・・とだましだまし使いながら1月末締め切りの原稿を仕上げました。
そんなこんなでデータの移行やら何やらでかなり想定外の作業に時間がかかりました。

そして長くなりますが年始のジンクス。
毎年一月になると何かの病気にかかります。これは原因はわかっております。

お寺というのは除夜の鐘、年始の挨拶回り、新年会と年末年始にかけて寝る間もないほど非常に忙しいのですが、寝不足と過労のせいで毎年体調を崩すのです。数年前には真夜中の除夜の鐘の際、異常に寒かったため肺炎になって1ヶ月近く寝込んだり、昨年はインフルエンザにかかったり・・・。こればかりは理由はわかっていてもこなさないわけにはいかず、どうにもなりません。

今年もなるべく体調を崩さないように気をつけていたのですが、やはり年のせいか?過労には勝てず今年も寺の新年会終了後に風邪でダウン。それがただの風邪ではなく、ウイルスが耳に入ったらしく中耳炎になってしまいました。
ものすごい耳痛で立っていられず、半日休んで翌朝すぐに耳鼻科へ。そのときにはもうほとんど耳が聞こえなくなっていました。これがまた地域に耳鼻科が少なく、混んでいて半日待ちはあたりまえ。
両耳ともに中耳炎の診断で、2週間ほど通院しました。これでも中耳炎の中では程度は軽いようで、耳だれもなく、鼓膜を切る必要もなかったのですが、そうはいっても耳の奥が痛くて音が聞こえにくいのは非常に苦痛でした。

通院中にお檀家さんの葬儀があったのですが、葬儀中に「鈸(はつ)」というシンバルのような仏具をジャランジャランとかなり大きな音でならすのですが、それが自分の耳にはほとんど音が聞こえず、カラカラと小さく鳴っているようにしか聞こえないのです。当然お経の声もどこか遠くで唱えているような違和感で、細かいニュアンスは出せず・・・
病気とはいえ、お檀家さんには大変迷惑をかけました。
耳の奥の膿が引いたあとも、耳の神経が回復せずしばらく耳が聞こえにくい状態が続きました。

現在は耳の状態もよくなりましたが、健康の大切さを痛感した一月でした。

そんなこんなで一月はパソコンと耳のトラブルでだいぶ予期せぬ時間をとられ、大変な思いをしました。
この年末年始のありがたくないジンクス・・今年の年末は正直なところ起きてほしくないですがどうなりますか。

光陰矢のごとし、すでに今年もあっという間に二月になりました。
時間を大切にして励んでいこうと思います。

記事が気に入ったら是非SNSでアクションをお願いします☆

Posted by 管理主宰者・典座和尚