今年もまもなくお盆を迎えます。 一年に一度、亡き親しき人の魂があの世から我が家に帰ってくるお盆。 当地ではお墓から家まで百八本のろうそくを笹で立てて故人の魂が道に迷わないように照らすという古き風習が残 ...

さて、3月8日の記事でお彼岸の基本的な意味について説明いたしました。 現世を此岸、極楽を彼岸にたとえて、苦しみの多いこの世から、荒波を乗り越えて安らかな向こう岸にたどりつくというイメージは、三途の川を ...

No Image

今回から何度かに分けて、春のお彼岸でお供えする精進料理のお膳についての記事を紹介したいと思います。 若い世代のお檀家さんと雑談をすると、「お盆」は「ああ、ご先祖様がかえってくるんでしょ?」というくらい ...

本日、お檀家さんの葬儀がありました。 故人は101歳のおばあさん。 通夜のあと席で、「明日の葬儀では、お孫さんの中でどなたかお別れの言葉を贈りませんか」と遺族にお薦めしました。 高齢者の葬儀となると、 ...

No Image

本日は東日本大震災の百ヶ日忌です。 仏教では、百ヶ日忌を別名「卒哭忌(そっこくき)」と呼びます。 卒は卒業の卒で、つまり「終える」の意、哭は慟哭の哭、つまり心の奥底から泣くという意です。 文字通り、お ...